行き場のなかったたくさんの猫たちとの生活や、保護した猫のことなど猫まみれな毎日を綴っています。 みんなが幸せになりますように!!
2年前に譲渡した2歳になる茶々ちゃんは急性腎不全で急きょ入院し腹膜透析を受けていました。




若さがあり生きる力も旺盛で自力排尿もできるようになりカテーテルを抜く手術もできました。
しかし今度は貧血が酷く神経症状も出るようになってしまいました。
貧血はさらに進み2度輸血をしましたが、今後も輸血が必要な状態です。

神奈川県横浜市の都筑区の病院に入院しています。
半径5km圏内で7歳までの健康な子で完全室内飼育、毎年のワクチン接種、蚤だに予防、などしている男の子5kg以上で女の子は出産経験のない4kg以上、そんな条件に合う方、ぜひ茶々ちゃんに血液を少し下さいませんでしょうか?

適合検査をしてからの輸血となります。

どうかよろしくお願いいたします。




ランキングに参加しています。下の猫の写真をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村

ありがとうございます
膀胱炎の持病があり、2度尿道を広げる手術をしたクロちゃん。
PHコントロールの療法食を食べています。

この部屋には兄弟の肥満のロア君、目の見えないちゃこ、兄妹のころ助、家庭内野良でころ助を兄貴と慕うちゃぴ君がいます。

部屋にトイレは3台あり、階段上って小屋裏には6台あります。
17帖ある小屋裏は走り回ってストレス解消できる場として、ちょっとした個室気分が味わえる部屋として利用しているようです。


部屋のトイレのシートに血尿があり誰がしているのかわかりませんでした。
こうなると全員が療法食を食べるしかありません。

2,3日で血尿はなくなりました。
療法食、すごいです。

ただお高いものだし、肥満気味の子が多いので続けるわけに行きません。

引っ越しに伴いクロちゃん、ロア君は転居先に移動となります。
これである程度血尿が誰なのか絞り込めると思います。

あれだけの血尿でも特に変わった様子がなく食欲もあるので誰なのかの特定が難しいです。






ころ助、ちゃこ、ちゃぴ、ロア、クロ・・・・。
言葉が離せない我慢強い猫たちには、さりげなく良く観察しないといけないですね。
眼が行き届かないこともあり、現在の18匹からなるべく里子に行ける子は出したいとずっと考えています。
でも1歳を超え障害のある子にはまったくお声がかかりません。

子猫ばかりもてはやされる、日本て浅い国なのかな~なんて思っちゃいます。




ランキングに参加しています。下の猫の写真をクリックお願いいたします。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村


ありがとうございます。
2階の一部屋でエベと暮らすはるなちゃんは105匹飼育崩壊現場からレスキューされたものの二次崩壊で静岡から我が家に来た子です。

今年で6年目になりますが、触ることすらできない子でしたが最近はご飯をおねだりしたりブラシ掛けも大好きな子になりました。




いつも神経質で小食な15歳になるエベにばかり気を取られていましたが、このはるなちゃんも体調を崩し元気がなくなりました。



もともと多頭の中でろくに人と接しなかった子ですから、病院での診察は大変でした。
血液検査も異状なく、ゆるい便に血が混ざりごんと同じ胃腸炎ではないかという診断でした。

3,4歳で来た子なので10歳前後。
これから病院通いが増える世代ですね。



あわただしく新居への大きな家具移動など長男次男とやっていたところ、庭に珍客が・・。
半年くらい前に見かけたたぬきさんのようです。




猫ごはんを食べて、もの悲しい顔でこちらを見ています。

首周りだけだった疥癬?による脱毛も



尾から腰、体中に全く毛がありません。
寒いでしょうに。


病院で疥癬の薬をもらってきました。
犬用ですがたぬきでも大丈夫だとか。
たぬきの疥癬増えているそうです。

ただきまぐれさんで太一のように決まった時間に会えないので、どうしたらいいものか。

神奈川県の動物愛護センターでも持ちこみOK とのことですが、その後の扱いが心配で電話で問い合わせてみようと思います。




ランキングに参加しています。下の猫の写真をクリックお願いいたします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村


ありがとうございます!
寝室には5匹の猫がいます。

平成19年に瀕死の状態でガリガリにやせ細って路上で倒れていたりら、
翌年の6月に保護した当時生後3か月のなつとけいた。
同年11月に保護したすのお、3年後にボス猫に全身を噛まれて逃げ込んで来たふうすけ。

なつとけいたは極度のびびりでとうとう里親さんが決まらないままずっとこちらで暮らしています。(お見合いに行ったお宅でぶるぶる震えて、可哀想だから・・・と断られてしまいました)

そんななつは夏ごろから痩せだしてきました。
口内炎?口を痛がるしぐさをします。


昨晩診察していただきました。
血液検査の結果貧血でそのほかは異常はさほどなし。
口の中に肉芽があるようですが怯えて詳しく診察できません。

現状のまま麻酔は危険なので、とりあえずステロイドとコンベニアを注射しました。

あとは栄養価の高い総合栄養食のパウチをたくさん食べさせて改善を図るしかないようです。





9歳のなつ、がんばれ!







ランキングに参加しています。下の猫の写真をクリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ありがとうございます。
保護猫がたくさんいれば家じゅう色々なウィルスが蔓延し、誰かしら体調を崩します。
パナソニックで出した次亜塩素酸の空気清浄機ほしいです。
16万円が定価だったかしら?高いよ~~!

高齢者施設などで主に使用されていたものを家庭用に販売されたそうです。
もっと安くなったら検討したいですね。



8月16日に保護したげんたくん。
3日前あたりから元気がありません。
今日は病院に連れて行きました。
40度の高熱。
血液検査の結果は異常なし。
念のためもう一度エイズ白血病検査をしました。




捕液とコンベニアをしました。
帰ったとたんにご飯のおねだり(笑)
たくさん食べてね。



そして金曜日は会社を遅刻してクロちゃんを病院に連れて行きました。
クロちゃんは平成27年秋生まれ。
ママ猫が子猫5匹をエサやりさんの庭に連れてきました。
翌年、エサやりさんが相談会に来られて全員不妊去勢手術をして(子猫は生後5か月くらいになっていました)子猫は室内に入れて里親探し。
そして私に子猫の預かりと里親探し依頼が回ってきました。
クロちゃんとロア君を一緒にご縁をつなげましたが、譲渡3日目でクロちゃんは2階の窓を開けて脱走。
里親さんからの連絡はなく、その後こちらからの電話でそれが発覚しました。


毎月近隣にチラシをまきつづけて情報をあつめて7か月後に所在が判明しました。
そしてそれから3か月後、ようやくクロちゃんを連れてくることができました。


膀胱炎の持病のあるクロちゃん。
それから3度の入院、尿道を広げる手術なども行いました。
今回はその尿道が閉じはじめてしまい開く手術をしました。


療法食を食べコロ助たち4匹と暮らしていましたが、いつもクロちゃんの動向には気を付けていました。
最近部屋がおしっこ臭く、クロちゃんがあらゆる布におしっこをしているのがわかりました。

金曜朝はお尻が腫れていて待ったなしで診察を受けたのです。


カテーテルを通して尿道の癒着を防ぐのでしばらく入院となります。

あのまま野良ちゃん生活をさせた方が良かった?
でも野良ちゃん生活ではおしっこが出たかどうかもわからず治療もできませんからそうは思わないことにします。
後ろを向いても仕方ない。ですよね!




ランキングに参加しています。下の猫の写真をクリックお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村


ありがとうございます。
ブリブリ下痢のおチビさんたち。
弾けて遊んではいるものの、子猫の下痢は命取りにもなります。

会社から帰り猫仕事を終えてから病院に行ってきました。






キャリーの中でおとなしくいい子にしていました。
検便の結果、虫やコクシも居なくて抗生物質と整腸の薬をいただいてきました。


そして入院中のクロちゃんとの面会も







クロちゃんストレスから怒りっぽくなっていました。
私だってわかってくれたか・・・。
ぷ~すか怒っていましたが手の匂いを嗅がせて撫でてきました。

あと10日くらいは入院です。
早く帰っておいでね。





ランキングに参加しています。下の猫の写真をクリックお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村



ありがとうございます!
クロとコロ助の退院を過ぎた頃から様子がおかしくなり、姿を隠してしまったロア君。
小さな籐製の3段猫ベッドの一番下にこもっていました。

ケケケッという妙な呼吸。鼻風邪?

仕事から帰りすぐに病院に連れて行きました。

13日の夜の通院では仕切りのない病院の中を逃げ回りパニックになったロア君。
今回は洗濯ネット+キャリーで病院につきました。

子猫の季節なので診察までかなり待ちました。
あちこちで保護したおチビちゃんたちがピーピーと鳴いています。


ようやくロア君の診察です。
もう過呼吸で今にも心臓が止まってしまいそうで、こちらの心臓もドキドキでした。

体重6,54kg。
体温40.2分。

血液検査   異常なし。

猫風邪でしょうという判断でインターフェロンや抗生物質などの注射と捕液をしていただきました。


ロア君は生後7.8か月で餌やりのおばあさんが兄弟5匹を室内に保護しました。
そのきっかけとなったのはロアの虐待事件。

人一番怖がりだったのになぜかこの子が近所の誰かの手で捕まえられて体中に接着剤とテープを巻き付けられて1週間後に自力で帰ってきたそうです。

体中の毛を剃って接着剤を取りましたが、ロア君は血を吐いて苦しんだそうです。
精神的なダメージも大きく、その頃里親募集用の写真を取りに伺った私に怯えて
耳が無くなるくらいに倒して震えていました。


結局この5兄弟を引き取って里親様探しをしてクロロアはご縁がつながりましたが
クロちゃんの脱走でロア君は出戻った次第です。



我が家にきてもうすぐ1年と2か月。
段々となれてきて、ご飯前にはブラッシングのおねだりをするようになって喜んでいました。


そんなロア君が早く元気になってくれますように!




(背後にいるのは隣室のすのおです)



ランキングに参加しています。下の猫の写真をクリックお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



ありがとうございます!
今年15歳になる小太郎。




食べたり食べなかったり。日ごとに違います。
血液検査では異常なし。

それでも食べないのは口に合わないから?違うご飯なら食べるの?

試行錯誤してあたりの時は完食。これなら食べてくれるの?
同じものを翌日出せば今度は食べない。

毎日挑戦です。


同じく今年15歳のエベ。
血液検査では小太郎と同じように異常なしです。
それでも食が細くてこのところ痩せてきています。
センターから連れてきた4年前も同じように血液検査で問題はないのに全く食べてくれなくて途方にくれました。

精神的に弱い子なので、なるべく抱っこして声掛けしています。





このところカルカンの缶詰(どうしてかパウチはだめ)なら「ぺリ」っというフィルムをはがす音に反応してお皿のところに来て食べてくれます。(それでも3口くらい)


より詳しい検査をしようか迷っています。
洗濯ネットに入れなければキャリーに入れるのも難しい子、ストレスを与えると逆効果になりそうで…。

飼い主死亡でセンターに持ち込まれた子ですがその時11歳という申告でした。
でも3,4歳は若く見えます。
今でも10歳くらいかな?と先生はおっしゃるのですが、実際何歳なのかは不明です。

きっと亡くなった飼い主さんが大好きだったのでしょうね。
胸が痛みます。
私では代わりにはなれないのは、猫だくさんの我が家ではわかりきっていました。
何とも気の毒です。

小太郎も飼い主のおばあさんに遺棄された子ですから心に傷を負いました。
元来たくましい小太郎はそんなこと感じさせませんが。


そしてロア君がまた調子を崩しています。
クロちゃんとコロ助が退院してくる前は体調が戻ったのですが、今むせるような咳をして
ご飯を食べる気ゼロ。
昨日今日ときもと先生はお休みなので今日は200cc捕液しました。




ちょっと気が抜けない状況が続きそうです。





ランキングに参加しています。下の猫の写真をクリックお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村



ありがとうございます!
本日夜に病院に行きころ助、クロちゃん退院しました。
大ゲージからキャリーに移すのですが、病院スタッフさんから「できそうにない」ということで
私がいたしました。

「お母さんだよ!」と手の匂いをかがせて、ナーバスになってうなっているところを抱いてキャリーに移しました。






早速小屋裏に行って走っておりました。

数時間で落ち着くでしょう。



生きてさえいれば元気になります。
幹太の分までみんな元気に生きてほしいと思います。




ランキングに参加しています。下の猫の写真をクリックお願いいたします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村


ありがとうございます!
先週の日曜にサンゴの通院。
吐いてばかりでますますガリガリになり心配して血液検査からレントゲン、超音波もして異常なしで薬をもらって帰りました。
おかげさまで今はすっかりよくなって膝の上でゴロゴロ喉を鳴らしています。




このグループのごん、なるもいつもの状態に戻りつつあります。


月曜夜に琥珀の通院。
超音波で左の腎臓の萎縮が判明。
ステロイドの薬を飲み始め順調です。






火曜夜は帰宅が午後20時を回り診察としては初めての病院へかかりました。
2階のグループ、クロとロア兄弟、見た目が体調悪そうで(あちこち吐いていますが誰が吐いたのか現場を見ていなくて)、そして幹太を診察。

捕液に抗生物質、吐き気止め、胃の炎症を抑える薬を注射しました。
ロアが診察台の上からダイブして病院中を走り回り捕獲まで20分近くかかりました。
ロアを落ち着かせている間に幹太の診療。

洗濯ネット、キャリーの中に入れて診察。
同じ注射。幹太は吐いていなかったけれど…。病状が違うんだけど…。




木曜日、2階のエベ君診察。
11歳で飼い主死亡で保健所入り。殺処分が近くなり引き出して迎えて4年が過ぎました。
神経質で迎えたときも食べない飲まないで苦労しました。





そしてまた今食べなくなりました。

血液検査は異常なし。14歳のはずだけど毛艶もいいし先生も10歳くらいかな?とおっしゃいます。飼い主死亡の場合その子の正確な情報がわからず錯誤が起きることがありますからね。




今日はトイレをはしごしているクロと、コロ助を連れて行きました。




病院は20時までなので助かります。
帰宅して猫仕事を順繰りにしていると、小屋裏にいるクロがあちこちのトイレにたたずんでいます。いや~な予感。
下痢便もあります。



キャリー内でうんちして緑色の下痢便の主はクロと判明。らせん菌がうようよだそうです。
尿もたまっており導尿していただきました。
コロ助は吐いています。
念のためパルボの検査をして陰性を確認。


安全のため入院させていただきました。
感染予防と確実な治療は連れて帰っても難しそうです。


活動仲間に聞くとやはり今年このウィルスが蔓延してどこもひどい状況で譲渡会も中止が相次いでいるそうです。
早く終息してどの子も元気になってほしいですね。






ランキングに参加しています。下の猫の写真をクリックお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ありがとうございます。
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1
7
11 13
17 19 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ネコジルシ猫の里親募集のページ" target="_top">ネコジルシ
いつでも里親募集中" target="_top">いつでも里親募集中
キャットフード" target="_top">amazon
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
にゃおこ
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
猫もの収集、羊毛フェルトで猫制作
自己紹介:
「みんにゃの家」代表

捨てられたり、野良の子として生まれ危ない環境にいたり、事故に遭って弱っていたり・・・そんな子達を保護しています。

里親様とのご縁をつなげる活動や、ママ猫のTNR,活動資金調達のためのてづくり市の開催など行っています。

将来的には一人暮らしをされている方と猫が安心して暮らせる場所を作りたいと考えています。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
コガネモチ
フリーエリア
フリーエリア