行き場のなかったたくさんの猫たちとの生活や、保護した猫のことなど猫まみれな毎日を綴っています。 みんなが幸せになりますように!!
知り合いの猫ボラさんが保護した三毛猫さん、交通事故で前足両方が複雑骨折で皮膚は剥がれて
骨や肉がむき出しだったそうです。





その方のSNSでの日記を転記しました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私の知人の庭に今月初旬に現れた怪我猫さん。
前足が膝から下プランと反対側に反り返り、皮膚
が剥がれているとの事。

知人は数日餌を置いてみたりして捕まえようと
するが、逃げて失敗。しかし呼ぶと返事をする
そうだ。彼女からのSOS捕獲器で数日後何とか
捕まえ病院へ。協力病院が休みだったのですが
緊急でしたのでセカンドオピニオンへ。
ここもボラに優しい病院です。

「重症ですね!相当痛かったでしょう。」

私も初めて骨が見えている患部を見て断脚(切断)
を覚悟しました。複雑骨折二カ所。骨の状態が
酷くプレートが付くかわからない。
断脚すれば外で暮らせますよとのお話し。が、
何と猫エイズでもあり、涙鼻が結構でている(;;

二泊で一度退院し、いつもお世話になっている
先生の元へ行く。
キャリーにそっと手を入れていると、怖がらず大人
しかった。馴らし上手な先生。触れると治療も楽で
す。入院させ今後の相談。貧血で輸血もしました。
事故から大分経ってしまっているので、プレート
を入れてもつかない可能性もあるし、手術の
ショックでエイズの発症の可能性も・・・・。

断脚にしても残す可能性にかけてプレートを入れ
る事にしても、どちらにしても費用は高額。
特にプレート入れてつかなかったなら、再手術
二度の手術費用は30万以上になる。

通報した知人の経済能力が厳しいのも知ってい
るし、私もそんな高額は出せない(;;)
しかし何とか救いたい。フリマでは追い付か
ない金額です(@@)酷くても感覚は残ってい
たので、先生は可能性にかけたいようだ。
私だって・・しかし予算もない。

毎日眠れない日々。まだ若い猫。
しかし里親には出せない。
タイムリミットが近付く。ノイローゼになりそう。
苦しい(><)



ここ一週間、走り回っています。

支援者の方、里親さん、預かりさん、過去の猫
相談者さん・・エアメールも!
本当に沢山の方の善意がありがたく、落ち込ん
でなんていられません(><)

個人ボラには重くのしかかる医療費。
動物病院と仲良しのお店に寄付箱を置かせて頂
きました♪ご協力、手を差し伸べて下さる方々
に感謝の気持ちでいっぱいです!

「一つひとつの小さな力でも、沢山集まれば
 きっとできない事はない!」
支援して下さった里親さんからのお言葉。
本当に1人では不可能でしたからね(涙)
沢山の方がボランティア活動してくれました。

結局物凄く悩んだあげく、骨がくっつく可能性の
ある手術の方をお願いしました。


昼から始まり8時間に及ぶ大手術。それでも麻酔
からの覚醒も早く、先生も私もホッとしました。
翌日にはご飯もモリモリ食べた様です^0^v
事故にあって彷徨い、痛くて空腹だったでしょう。
今は人が前にいても食べてくれるそうです^^。

一応名前は「たまちゃん」にしました♪

1カ月か1カ月半後にはその繋がり具合を見て、
ダメな場合断脚になってしまう・・・考えたく
ないが、その可能性もある(涙)
このままどうかくっついてほしいです(;;)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


カンパのお願いが続いて恐縮なのですが、少しでも構いませんので「たまちゃん」にご協力できる方はお願いいたします。







保護主さんのアドレス

kiyosama44@gmail.com


お手数をおかけして申し訳ありませんが、こちらにメールを送っていただき
振込先をご確認いただけますでしょうか?



よろしくお願い致します。





ランキングに参加しています。猫バナーをポチっとクリックお願い致します。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村


ありがとうございます。
手づくり市の日でしたが、朝だけ顔を出して阿佐ヶ谷の講演会会場へ行ってきました。

前半は「高齢者が安心してペットと暮らせる社会へ」の講演。
上級愛玩動物飼養管理士でもありケアマネさんでもある倉田美幸さんの、高齢の方の現場に
携わっておられる実体験の貴重なお話が聞けました。

後半は川崎市の生活衛生課の職員さんのお話。獣医師でもあり動物が大好きな西村大樹さんの「地域で見守る高齢者とペット」というテーマでのお話でした。

縦割りでの行政独特のやり方でなく、高齢者の課もペットの課も、地域を巻き込んで
深刻な事態になる前に連携して取り組んでいくことの必要性を痛感しました。


壁には





動物愛護かるたや








殺処分のこと、






不妊手術をすることの重要さをわかりやすくしたパネルもありました。


ミグノンさんのグッズを販売していました。







手づくり市に出すのに参考になるかなと一つ購入しました。






ごんは目の色変えて夢中になっていました。







なるも可愛らしくじゃれていました。



今回の講演会で「ペット<家族>」という考え方が行政にも浸透していることと、超高齢化に伴い
高齢の方のペット問題の深刻化が増してきて、本腰を入れて今から対策しないといけないという
危機感も感じました。

高齢者が飼えなくなったペットを「預かり」という形でペットを飼いたいと思う高齢者に託す。
命のリレーをするためにどうしたらいいのか。


色々な方のご意見を伺いながら進めていきたいと思います。







ランキングに参加しています。下の猫バナーにクリックをお願いします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村


ありがとうございます!
仕事で出かけたある地域。

山と川があり、のどかな田園地帯。
こんな所に住んでいる人はきっと動物が好きで優しくて、困っている動物がいたら
面倒を見てくれるだろう・・・・なんて勝手な思い込みしていませんか?

とんでもない!

そこには度々猫が捨てられています。

住人たちはアライグマを捕獲する捕獲器を持っていて、かかったアライグマは市に引き渡しているそうです。
猫が入った場合はその先の山に捨てに行く習慣があり、もう何十匹もそうされています。


私が仕事で行ったその家にも大きな捕獲器に入った猫がいました。
これから捨てに行くというところを私がもらい受け、かかりつけの病院に直行しました。




きれいなきじ猫。

まっすぐに私を見るその瞳はきらきらとけがれなく自分の身の上を案じているような焦燥感はありませんでした。

どう見ても飼い猫さん。

どうして捨てたのでしょう??


老犬を飼っている捕獲した家では、犬のご飯をその子が食べてしまうと言っていました。
知らないところに捨てられて空腹を満たすためにわんちゃんのご飯を食べるしかなかったのでしょうね。かわいそうに。


犬や猫にだって心があります。
捨てられた子が全く知らないところでどんなに不安でどうやって生きて行けるのか考えたことがあるのでしょうか?


本当に悲しくて腹が立ちます。


「捨てられたんだから捨てたっていい。」そうその人は言います。
命って何なんでしょ。



この子を迎えに行きました。
去勢手術、ワクチン接種にレボリューションをしました。
1歳くらいの男の子。体重3.4kg。

エバちゃんのいたケージに入れました。
ケージに移すとき触ることができました。
やっぱり飼い猫、性格はかなりでんと構えていて大物の素質あり。


今晩はそっとしておいて明日写真撮りましょう。
もう大丈夫だからね。


それにしてもすでに捨てられていた子たちはどうしてしまったのでしょう。
生きているのでしょうか。


これからは二度とこんなひどいことをしないようにしなければいけません。
黙って捨ててしまわないようどういう方法を取ったらいいのか。

仕事絡みでもあるので強硬策も出来ず悩みどころです。





ランキングに参加しています。下の猫バナーをクリックお願いいたします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村


ありがとうございます!
一昨年保護した相模原ダイエー親子猫4匹が保護から数カ月たち馴れてきたところで
里親様とのご縁がつながりました。


3月  男の子が近所の女性のもとへ巣立ちました。にぃくんと


    妹もご縁がつながりました。とらちゃん




そしてフクちゃんも





4月に入りママ猫はなちゃんも






そして11歳の子にもお縁がつながりました。
老老介護で猫の世話までできないというご相談者の息子さんの依頼で探し始めた里親様。
同じ黒猫を亡くされたばかりの方と、その子のお導き?と思えるようなスピーディな
はやさでご縁がつながりました。





その後預かった野良ちゃんの子




ほんの1週間の滞在で我が家から卒業しました。このかわいらしさですものね。


5月4日、さゆりちゃんを看取りました。





6日は川崎の団地建て替えで外に出されてしまうというコロ助とちゃこを預かりました。



目の見えないちゃこと情緒不安定なコロ助。
我が家に馴れてくれなくて困った君なのはコロ助の方でした。


里親様とのご縁はいまだにつながりません。

体重は2kg近く増えてダイエットも必要なくらいです。



また預かった野良の子は




かわいらしい女の子の妹として巣立ちました。


同じ地域で保護された別の子猫。先ほどの女の子の数週後に我が家に来ました。




だいごくんは前年の「田名飼育崩壊8匹の子猫」の一人の里親様になってくださった方のもとにケント君の弟分として巣立っていきました。



7月にはきまぐれ堂店主様のご近所での野良家族の相談を受け、8月にママ猫2匹のTNRと
同時に9匹の子猫の一斉捕獲。
具合の悪い3匹を我が家に、残り6匹をエサやりさん宅にて保護。




茶トラの子がチャピです。
ガリガリで毛のつやもなく死んでしまうのではないかと見に行った当日に保護してしまいました。


我が家に来たフラン、えりんはご縁がつながりましたがチャピはまだです。

エサやりさんの所の6匹は皆避妊去勢を済ませてケージから解放し作業場と事務所内を好きに出入りしています。

残念ながら人に馴れさせることはできませんでした。




8月の手づくり市は2年ぶりの開催でした。
売り上げも大きく活動資金として毎月第三金土で開催することになりました。
きまぐれ堂様には本当に感謝です。

そしてその活動資金の管理のため通帳作成で必要な団体としての登録もいたしました。
それが「みんにゃの家」です。

9月には前年からかかわっているえさやりさんの子猫の里親探しをして三毛ちゃん2匹にご縁がつながりました。


台風前夜にはスーパーの駐車場でルプス(現在ゴロちゃん)を保護しました。
降り出した雨の中どこに身を隠したらいいかすらわからず途方に暮れて泣き叫んでいました。


今では実家でおぼっちゃま生活をしています。







そして11歳と12歳のチンチラ親子。

まずは1匹が巣立っていきました。
そして先日のブログでもご紹介させていただきましたが、幸運にもすてきなおうちにご縁がつながりました。





そうそう、あの9匹の子猫のいた近辺はどうも森が近くて猫捨て場になっているようなんです。

むっくもここから保護して今では一回りも大きくなって幸せに暮らしています。




悪ガキだった永遠は12月17日に虹の橋を渡りました。






そしてご縁の仲介をした2匹の兄妹さんたちにも素敵なご縁がつながりました。



ららちゃんにちゃいちゃん、良かったね!



あとは




ミーヤンにもご縁がつながるといいね。


きまぐれ堂店主様が保護したちび太君は来週お見合いとなります。




残念ながら白血病陽性という結果の出たねえねちゃんは店主様が迎えることになりました。

どうか陰性に変わりますように!!







ざっくりですがこれが27年度の活動内容です。

あっという間の1年でした。

ただひたすら駆け回っていた感があります。


28年は「考える」こともしていきたいです。

例えば「猫を飼いたいけど高齢で猫を譲ってもらえない」人と「高齢でもう猫を飼えない」
人。この間に行き場のない猫が存在しているわけで、ここをうまくつなげられないかなと考えています。

もちろん色々な難しいこともあります。
危惧や懸念・・・。猫が幸せになれること、それを第一としていきたいと思います。


これからも皆様のご意見など伺うこともあると思います。


どうかご協力をお願いいたします。


今年1年が皆様にとっても、猫たちにとっても素晴らしい年でありますように!!

1匹でも悲しい思いをする猫が無くなりますように!!


みんなで幸せになりましょう!!!






ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村</
動物愛護週間です。
相模原市生活衛生課と協働事業を行っているたんぽぽの里の主催で動物愛護の映画を上映いたします。



10月3日土曜日 午後14時から15時45分まで 開場 13時30分
(上映91分、アンケート14分)

ウェルネスさがみはら7階 視聴覚室(中央区富士見6-1-1)

「みんな生きている」~飼い主のいない猫と暮らして

泉 悦子監督

家族のように大切にされる飼い猫と、人知れず生まれ、人知れず死んでいく野良猫。
同じ猫なのに、なんでなの?


猫が好きな人、嫌いな人、猫が増えすぎて困っている地域の人、地域猫を知りたい人、猫ボランティアって何をするのか知りたい人、などなど  野良猫の基礎知識が満載!




事前お申し込みは不要です。直接会場にお越しください。
席には限りがあり立ち見になることもあるそうです。


この映画をご覧になって少しでも野良猫さんに目を向けていただければと思います。







ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
今回のがらくた市での売り上げやご寄付いただいた142,720円をどういう形で
行き場のない猫たちのために使おうか、きまぐれ堂の店主さんと相談しました。

みなさまにわかりやすくお伝えするには透明性が必要です。

そこでお金の流れがわかるよう「みんにゃの家」の通帳を作ることにいたしました。







団体の通帳を作るということは、団体の規約が必要です。
規約とは団体の活動の目的や趣旨など明確にして記載します。






これは別ページできちんと記載いたします。

一番大切な会の目的ですが

「不幸に死んでしまう猫を無くし小さな命を大切にする、人と猫とが幸せに暮らせる
環境やまちづくりに取り組んでいきます」

としました。


自然淘汰でも虐待でもなく、せっかく生まれてきた命が寿命をきちんと全うして
幸せに命を閉じることができたら、それは人にとっても幸せな環境だといえるでしょう。




産まないために増やさないための不妊去勢手術を野良ちゃんに施し





子猫は家猫修行をして家族を見つける。




毛がばさばさで今にも死んでしまいそうな子が





少しづつ心と体に平静が生まれていく。

たかが小さな猫一匹,と言われるかもしれませんが、それでも尊い大切な命。
そんな命にも優しい気持ちで見守れる、そんな社会ができるよう少しづつですが
頑張っていきたいと思います。

皆様のお力とお声をください。
そして「みんにゃの家」を見守ってください。


よろしくお願いいたします。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
朝起きると5ヶ所のにゃんず部屋でご飯をあげそれぞれの様子をチェックします。


飼い主死亡でセンターからきたエベくん、11年間他の猫などと接触したこともなく、猫嫌いの人好き。

老猫部屋で町田105匹の飼育崩壊現場から浜松にレスキューされながらもそこも二次崩壊で我が家にきたかーしゃんとも仲が悪く、問題児。

そんなエベが今朝は





私の古くからのぬいぐるみを入れたかごにすっぽり入り寝ていました。

猫は快適な居場所を探す天才です。
ここが居心地いいのかな?







去年保護猫さんの里親さん探しをした方から、お貸しした捕獲器の返却と一緒に素敵なプレゼントを頂きました。


猫クッキーやら猫付箋やら猫クリップ!

3時のおやつにクッキー一袋は食べてしまい写真には写っていません(笑)


ありがとうございました!とっても美味しく、お気持ち嬉しかったです。

影君も運の強い子でとってもいいお宅に迎えて頂きました。

ママにゃんにもご縁があるといいですね!

そこまでお世話できるその思いが運を更に引き寄せてくれること願っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
先週の文化の日での川尻八幡様で行われた「鎮守の森  手作り市」では

きまぐれ堂さまと参加いたしまして、きまぐれ堂さまの売上1万4千円をご寄付いただきました。

私の売上とご寄付で、トータル26,840円得ることができました。

さらにきまぐれ堂さまのお知り合いの方が後日猫ボトルをお買い上げくださり、

またきまぐれ堂さまが商品券15,000円分をご寄付くださいました。

総額42,840円、とても助かります。


我が家にいる田名の飼育崩壊現場の4匹、今回保護した相模原某所の親子猫4匹。

これからのご飯代やトイレ砂など費用がかさみます。

室内とは言え寒さ対策のブランケットなども必要です。

ご寄付いただいたお金を使わせていただきます。



我が家の17匹の猫たちも心から御礼申し上げます。








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
昨日の手作り市の最中、子猫三匹を捕獲した場所でママ猫が捕獲器に入ったと連絡がありました。

ママ猫は大体避妊手術したら元の場所にリリースします。

外の生活が長い子には、いくら人間が室内が安全で良いのよと説得しても嫌がることが多いのです。

すぐに日野の病院に連絡してそのまま手術をしてくださるということで、ママ猫を引き取り日野に向かいました。

手作り市は気まぐれ堂さんにお任せでした。(すみませんでした)

昼には戻り、無事に手作り市も終了。

片付けて帰宅し猫たちの世話をしていたら、里親さん探しを代理でやっていた所の娘さんから凶暴子猫の保護依頼が入りました。

日野にママ猫を引き取りに行く前にそちらに寄りワクチン、レボリューションをついでに病院でやっていただきました。

蚤のふんだらけでした。

さあ大変。凶暴子猫用のゲージを出してトイレと水とご飯の用意。

洗濯用ネットの中ではよいこでしたが、ゲージに入ったら、シャアシャアしていました。

そしてママ猫は避妊去勢手術をした2匹の子猫のゲージに入れました。




本当に親子か確信が無かったのですが、いきなり女の子が喉をならして全身で甘えています。




男の子も甘え始めました。

やっぱり母は偉大です。

あ、でもママ猫はしらっとしてうざそうでしたが。

今日はようやくママ猫は隠れないでゲージにいました。

子猫たちは心なしか私を見る目が穏やかになった気がします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

相模原の猫シェルターは立ち上げ時から関わり設計と建築を担当しました。

ある壁だけ猫たちのおしっこ被害にあい、ソフト巾木が取れてしまいました。



急遽補修に行ってきました。

夜の掃除ボランティアに行っていた頃から、猫たちも入れ替わりがあり顔見知りの子達が何匹かいました。 



ちょっと派手目な豹柄の糊付クロスを張りました。





シェルターには沢山の猫たちが新しい家族との出会いを待っています。

みな人間により大変な思いをした子達です。


「たんぽぽの里」で検索すれば詳細出てきます。

支援や里親様になってくださる方がいらしたら、是非よろしくお願い致します!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
13
20 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ネコジルシ猫の里親募集のページ" target="_top">ネコジルシ
いつでも里親募集中" target="_top">いつでも里親募集中
キャットフード" target="_top">amazon
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最新CM
[06/23 にゃおこ]
[06/23 にゃおこ]
[06/23 Q太郎]
[06/23 4猫の母さん]
[06/22 にゃおこ]
最新TB
プロフィール
HN:
にゃおこ
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
猫もの収集、羊毛フェルトで猫制作
自己紹介:
「みんにゃの家」代表

捨てられたり、野良の子として生まれ危ない環境にいたり、事故に遭って弱っていたり・・・そんな子達を保護しています。

里親様とのご縁をつなげる活動や、ママ猫のTNR,活動資金調達のためのてづくり市の開催など行っています。

将来的には一人暮らしをされている方と猫が安心して暮らせる場所を作りたいと考えています。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
コガネモチ
フリーエリア
フリーエリア