行き場のなかったたくさんの猫たちとの生活や、保護した猫のことなど猫まみれな毎日を綴っています。 みんなが幸せになりますように!!
忙しい一週間でした。


16日月曜夜は子猫が使う紙砂を買いに出かけました。

17日火曜日は私用で有休を取り、乳飲み子を預けていたN様のところからS様のところに
お届け。
生後2週だった子たちも


こんなに大きく育ちました。


みきちゃんも引き上げてトライアルに連れて行きました。


そしてピッピ、ぷー、ぺぺの兄弟で1匹だけ捕まえることができず現地に残したままだった
ぽぽちゃんを確認しに行ってきました。

パパママに大事にされて暮らしていました。
でもねおうちの中で暮らせる子になってほしい、ここには避妊去勢手術が済んだものの
お外で暮らす子がたくさんいるから、エサやりさんも大変だしね。


で、捕獲器をかけていったん帰宅。
すると入ったよ~!  と電話があり引き取りに行ってきました。



ロイカナ、サイエンスだの栄養満点のご飯をあげていたペペたちはようやく体重が1kgになるかどうか。
でもこの子ったら1.3kgありました!  ちょっと複雑です。


18日水曜日は
夜も明けない4時にLINEでぶんたの里親さんから連絡があり、夜鳴きが酷くてむりとのことで
朝6時に家を出て迎えに行きました。

往復3時間。会社は遅刻しました。
でもぶんたのために早いほうがいいと思い決行しました。


帰宅後のぶんたは女子たちからシャーフー唸られていましたが、ようやくこんな風にお団子に参加させてもらいました。よかった。


この環境からいきなり一人になったら心細いよね。
もっとそんなお話を里親さんにはしておくべきでした。
ぶんた、ごめんね。


夜はペペ&プーのお届け。
20時に里親様のお宅に着きました。
1週間前には日野の病院にまでこの子たちに会いに来てくださったご夫婦です。
とても真剣に二人一緒の受け入れを考えて下さり、迎えてくださいました。




19日金曜日夜はみいちゃんの譲渡にあたり気になっていた鼻のぐずぐずの診察に行ってきました。熱はなく飲み薬をいただきました。
しかしここでレントゲンを撮るべきでした。
長引くぜこぜこ、ぐずぐずはきちんと調べるべきでした。

20日土曜にみいちゃんの譲渡で里親様のところにお届けに行きました。



それから数時間で急変しすぐに病院に連れて行っていただき40度の高熱で肺炎と診断されたのです。
みいちゃんにも里親様にも申し訳ないことをしてしまいました。
ただでさえ新しい環境は子猫にとってはしんどいものです。
もっと慎重にすべきでした。




限界を越えた数の猫の保護をしています。自覚はあります。
ここに行き場のない親子がいる・・・そんなことを知ってしまったら見てみぬふりができないのです。手術をした小さい子をそこに返すことができないのです。

でも結局その無理のしわ寄せが猫に行ってしまったら本末転倒です。


みいちゃんの回復を祈りつつしっかり戒めとして心に刻み付けたいと思います。





ランキングに参加しています。下の猫の写真をクリックお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村


ありがとうございます
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
6 8 9 11
13 14 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
ネコジルシ猫の里親募集のページ" target="_top">ネコジルシ
いつでも里親募集中" target="_top">いつでも里親募集中
キャットフード" target="_top">amazon
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最新TB
プロフィール
HN:
にゃおこ
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
猫もの収集、羊毛フェルトで猫制作
自己紹介:
「みんにゃの家」代表

捨てられたり、野良の子として生まれ危ない環境にいたり、事故に遭って弱っていたり・・・そんな子達を保護しています。

里親様とのご縁をつなげる活動や、ママ猫のTNR,活動資金調達のためのてづくり市の開催など行っています。

将来的には一人暮らしをされている方と猫が安心して暮らせる場所を作りたいと考えています。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
コガネモチ
フリーエリア
フリーエリア