行き場のなかったたくさんの猫たちとの生活や、保護した猫のことなど猫まみれな毎日を綴っています。 みんなが幸せになりますように!!
昨日もも(ももたろう)が14年の生涯に幕を閉じて虹の橋の向うに逝ってしまいました。

朝、棚の一番下の段に入り込んでいました。
不思議なものでいよいよ・・・となると本能で身を隠そうとするのですね。

そっとして私は出社しました。

お昼に帰って来た時、そこにはいません。
方々探して猫トイレの中で倒れているももを見つけました。

毛布にくるんでホットカーペットの上で冷えた体を温めました。
昼休みの時間ずっとももを抱きしめていました。

ずっともものそばにいたい。
こんな状態のももを置いて仕事なんかできない。

でも悲しいけれど辛いけれどそれはできませんでした。



慌てて帰ってきた夕方、玄関のドアを開けるとすぐそこの冷えたタイルの上でももは倒れていました。
私の帰りを待ち続けて玄関まで来たのでしょうか。


叫ぶ私にももはみゃあみゃあ鳴きつづけました。
「僕は大丈夫、おかあにゃんおかえり!」そう言ったのか
「おかあにゃん、遅いよ!! ずっと待っていたんだよ。もう!」って言ったのか
私にはわかりません。

でもももは私を感じて安堵したのか力尽きたのか腕の中で昏睡してしまったのです。
時々手足を動かし小さく鳴きました。
でももうももと呼んでも段々と反応が無くなってきました。

静かに呼吸しているもも。
申し訳なくて泣き崩れてしまいました。


そんな中ごんが3度吐き、ゲージの中の木綿が鳴きつづけていました。
ご飯の時間をとっくに過ぎてもう空腹の限界だったようです。


ほんの数分、木綿のご飯をあげている間にももは息を引き取ってしまいました。

なんということか・・・・。

どうして。

苦しくて悲しくてたまりませんでした。
でもももはそんな私を見たら悲しむでしょう。
「ありがとうね、もも」って見送った方がももは虹の橋の向うに行きやすいでしょうね。


たくさんの子を見送り、今年はあんこちゃん、かいくん、ちいくんとももで4人目です。
どの子を看取っても後悔ばかりで申し訳なさがあふれてきます。
きっと満足して見送ることなんか出来ないのかもしれません。





先ほどきまぐれ堂店主様から頂いた




猫の鈴がももに似ていて(グレーの縞の尻尾や体の白い毛が)ももの遺影の前に飾りました。
また次回からてづくり市で販売予定のフィルター珈琲の入っていた袋もももに似ていて
何だか冷え切っていた心がポッと温かくなりました。



これから次男が帰宅してももとのお別れをします。
たくさん思い出話をしてももを見送りたいと思います。








ランキングに参加しています。下の猫の写真をクリックお願いいたします。




にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村

ありがとうございます!
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ブログを読みながら涙が止まりませんでした。
ももちゃん、お母さんが帰ってくるのを待っていてくれたのですね。
別れは悲しく辛いです。
考えたくないけど、実家でも昨年、今年と18歳の子達を見送りました。
私は見送ることはできなかったのだけど、
元気な頃の姿、弱って寝たきりになった姿を見ていたので生命と向き合うことがどれだけ大きなことかを見せてもらったように思います。

ももちゃんのご冥福をお祈りいたします。
Posted by とむぎママ 2016.12.29 Thu 13:49 編集
とむぎママさん、ありがとうございます
まだまだももがこたつの中から「みゃあ~~~」と鳴きながら出てくるような気がしています。
ももの魂はこの部屋にあって見守っているのだと思います。

いつかは必ず来るお別れですがせいぜいこの時一緒に暮らせる幸せをかみしめて共に暮らすみんなと「今」を大切にしたいと思います。
Posted by にゃおこ 2016.12.29 Thu 19:46 編集
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
6
11 14
19
23 26 28 29
30
リンク
ネコジルシ猫の里親募集のページ" target="_top">ネコジルシ
いつでも里親募集中" target="_top">いつでも里親募集中
キャットフード" target="_top">amazon
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最新TB
プロフィール
HN:
にゃおこ
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
猫もの収集、羊毛フェルトで猫制作
自己紹介:
「みんにゃの家」代表

捨てられたり、野良の子として生まれ危ない環境にいたり、事故に遭って弱っていたり・・・そんな子達を保護しています。

里親様とのご縁をつなげる活動や、ママ猫のTNR,活動資金調達のためのてづくり市の開催など行っています。

将来的には一人暮らしをされている方と猫が安心して暮らせる場所を作りたいと考えています。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
コガネモチ
フリーエリア
フリーエリア