行き場のなかったたくさんの猫たちとの生活や、保護した猫のことなど猫まみれな毎日を綴っています。 みんなが幸せになりますように!!
先月5日に保護して預かり様にお願いしているくろちゃんが先週に膀胱炎で病院に行きました。
かかり付けの病院は休みの日。

おしっこが出ないのは危険です。
下手をすれば命取りにもなります。
近くの病院に応急措置のため行きました。

抗生物質の注射を打ち導尿して帰宅。
翌日も同じ状況でかかりつけの病院へ行きました。

3匹の兄弟たちがみな里子に出て行き一人だけになったことが引き金になったのか
ストレスが原因の突発性の膀胱炎。ストロバイトがかなり出ています。

即入院となりました。




点滴をして尿をたくさん作って排出しないといけません。
この場合フードは尿結石対応のロイカナの療法食 PHコントロール2などですが
ヒルズのC/Dとかもあります。

たくさん買い置きして退院に備えました。



療法食はホントお高いです。
でもそれをちいくん、かいくんのためにいいものをとことん調べられて吟味して
送ってくださったむっくんママ、ありがとうございます!!






知識もなくて頼ってばかりですみません。
そんなむっくんの最新のお姿は…





無防備すぎ、癒されますね。たまりません!





そして1日置いて土曜日は糖尿病のちいくんの血糖値検査で朝一で病院へ。
仕事のある日なので早めに家を出ました。

病院で血糖値を図りますが朝で534。何という数字!
午後は310まで落ち夕方は493。

毎朝1単位の少し少ない量のインシュリンを打っていますが、これでは足りません。
インシュリンの効きが悪いのです。

1単位に変えるにはその日入院して経過を見ないといけません。
低血糖でけいれんを起こし死んでしまうかもしれないのです。

土日のどちらかで検査に行きます。




夜のお迎えの時にゆきの毎月の口内炎の注射もしました。
注射の間隔が5週目となってしまい体重が減ってしまいました。

ゆき、ごめんね。






そして今夜はいつも通り猫たちのご飯、水、トイレ、愛情ふりまき((笑))作業をしていて
最後に1階のトイレ掃除をしていたら血尿発見。
この場所はかい。

掃除中にかいがトイレに来て踏ん張るがぽたぽた程度の排尿。

うわ、君も膀胱炎かい??


18時52分、まだ病院に間に合う!!

あわててキャリーにかいを入れ30分かけてかかりつけの病院へ行きました。





かいの膀胱炎の原因はウィルスだそうです。
膀胱におしっこはたまっておらず、残尿感からトイレで出そうとするそうです。

抗生物質を打って薬をいただきました。



明日には入院中のくろちゃんのカテーテルを外して自力排尿できれば退院となります。

通院が重なってしまいちょっとへとへとの春です。






ランキングに参加しています。下の猫バナーをクリックお願いいたします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村


ありがとうございます!
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
猫さんは何故だか病院の診療時間が終わる頃に
不調が発覚する気がします。
保険的に下記のような病院の存在を頭に入れておくと
多少は安心出来るかもしれません。
夜間診療や出張診療はお値段も張ってしまいますが。。。
http://www.wancoco.com/hospital/
ちなみに、うちのほのかが初めて夜中にけいれんの発作を起こした時
こちら↓の病院に電話で症状を相談してから診察を受けました。
費用的な説明も前もってしてくれましたし、
過剰な検査もなくかかりつけへの報告書も書いてくださいました。
心配なら朝までお預かりも出来ますよ、とも言ってくださって
安心して連れ帰ることが出来ました。
http://www.yokohama-dvms.com
こちら↓の先生はテレビ番組で紹介されてたのを何度か拝見したことがあります。
どなたかのブログでもいい先生だったと紹介されてました。
http://uvet.iza-yoi.net
本当にいいか悪いかは自分がかかってみて初めてわかるんですけどね。。。
黒猫さんもかいくんも早く良くなるといいですね。
にゃおこさまが看病疲れしてしまわないためにも
みんな早く良くなってね!


Posted by ラグのお母さん 2016.03.29 Tue 12:21 編集
ラグ君のお母さん、ありがとうございます
10年くらい前に交通事故の子と夜8時ごろ出会いました。夏の合宿前日におやつを買いに行く息子とたまたま通りかかった道でのことでした。

以前から知っていた市内の夜間病院に連れて行きましたが骨盤骨折で内臓も損傷していたようです。

そのまま預かり治療となり、朝5時に迎えに来るようにとのことで行きましたが状態は悪く2万4千円をカードで支払い9時オープンの当時かかり付けの病院に行った時にはもう亡くなっていました。

5時から9時までに時間、診てくださるところがあれば、こういう隙間の時間がないといいのだけれどと痛感しました。

今でもこの空白の診療時間はあるのでしょうか。
悲しい思い出です。
Posted by にゃおこ 2016.03.29 Tue 22:45 編集
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
5
8
20
25 26
29 31
リンク
ネコジルシ猫の里親募集のページ" target="_top">ネコジルシ
いつでも里親募集中" target="_top">いつでも里親募集中
キャットフード" target="_top">amazon
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
にゃおこ
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
猫もの収集、羊毛フェルトで猫制作
自己紹介:
「みんにゃの家」代表

捨てられたり、野良の子として生まれ危ない環境にいたり、事故に遭って弱っていたり・・・そんな子達を保護しています。

里親様とのご縁をつなげる活動や、ママ猫のTNR,活動資金調達のためのてづくり市の開催など行っています。

将来的には一人暮らしをされている方と猫が安心して暮らせる場所を作りたいと考えています。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
コガネモチ
フリーエリア
フリーエリア