行き場のなかったたくさんの猫たちとの生活や、保護した猫のことなど猫まみれな毎日を綴っています。 みんなが幸せになりますように!!
相模原市の猫の相談会は月に二回、平日開催です。
残念ながら私は仕事があるのでお手伝いには行けません。

今月の2回目の相談会は私はお盆休みだったので端っこで見学させていただきました。


野良ちゃんにご飯をあげていたら増えてしまった・・・・これが一番多いですね。
当事者の方だったり隣家の方で迷惑をこうむっている方だったり。


先日の日曜日は予定が満載! まずはこの時相談に来られた方のご自宅の調査にベテラン先輩ボラさんと一緒に伺いました。





可愛い三毛ちゃんは3匹のうちの1匹の子猫。
もう避妊手術ができる大きさです。







捕獲器の使い方の説明をしてTNRの手順の説明を先輩ボラさんがしました。




そして別の現場。
目につくところで別の日に相次いで2匹の子猫が衰弱していた場所です。


生後2か月半くらいなのに体重が500gもない、骨ばった子猫。
目はぐしゅぐしゅで便からは土が出たそうです。

見つけた方がお知り合いに保護を依頼して、現在その方のおうちで手厚く看病してもらっています。




ここはもとは牛農家?だったようですが、猫は家畜同然?
病気でも病院に行くどころか生まれて増えてもどうせ死ぬからと放置。
「自然淘汰」という名の虐待と言ってもいいのではないでしょうか?


今現在20匹を超える数の猫たちがいるようですが、事情を伺いに行った私たちに家主は頑なにこちらの話を拒みらちがあきません。

こういう場合どのような対応をして猫が手術をしてこれ以上増えないように出来るのでしょうか?
どなたかご経験がありましたら教えてください。





この日かのぶっちの里親様へのお届けが夕方になってしまい、その後自宅の猫仕事をしてから前出の子猫たちに会いに保護主様宅へ行きました。



公園やキャンプ場の猫さんたちの手術を何年も自腹でされて、捨て猫の多い公園では猫たちが快適に暮らせるようにご飯場や水飲み場を整え、隠れるように餌やりをする方が堂々とできるよう公園管理者に掛け合ったり相当なご尽力をご夫婦でされています。


そんな私の尊敬しているご夫婦のもとで、たっぷりの愛情をかけてもらい病院の先生が驚くような衰弱しきった子が今頑張って生きています。








こちらの保護主様により今年春にサビ、三毛、白黒鉢割れ兄弟3匹をキャンプ場で保護してミルクで育て私がご縁を取り持って巣立ちました。






この子たちです。



色々なことがあった一日でした。
中々寝着けなくて今朝は少し寝過ごしてしまいました!
週の初めからこれでは困ったものですね(笑)









ランキングに参加しています。下の猫の写真をクリックお願いいたします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村


ありがとうございます!
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 9
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
ネコジルシ猫の里親募集のページ" target="_top">ネコジルシ
いつでも里親募集中" target="_top">いつでも里親募集中
キャットフード" target="_top">amazon
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最新CM
[12/12 高橋千津子]
[12/12 にゃおこ]
[12/12 Q太郎]
[12/11 にゃおこ]
[12/09 Yoko]
最新TB
プロフィール
HN:
にゃおこ
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
猫もの収集、羊毛フェルトで猫制作
自己紹介:
「みんにゃの家」代表

捨てられたり、野良の子として生まれ危ない環境にいたり、事故に遭って弱っていたり・・・そんな子達を保護しています。

里親様とのご縁をつなげる活動や、ママ猫のTNR,活動資金調達のためのてづくり市の開催など行っています。

将来的には一人暮らしをされている方と猫が安心して暮らせる場所を作りたいと考えています。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
コガネモチ
フリーエリア
フリーエリア