行き場のなかったたくさんの猫たちとの生活や、保護した猫のことなど猫まみれな毎日を綴っています。 みんなが幸せになりますように!!
「ちい」という名前はあだ名でした。
体が小さくて本名は「こぶり」。

でもなんとなくいつからか「ちい」とみんなで呼んでいました。

平成17年秋に会社の物置の下でぴいぴい鳴いていました。
車に常備していた缶詰を長い板の上に点々と置いて、食べながら進んで最後に捕まえる算段でした。

以前この場でそんな状況で出てきた小さな小さな真っ白い子猫が、出てきたはいいけれど人間にびっくりして慌てて道路を横切り(あわや轢かれる寸前でした)そのまま保護できなかった苦い経験があって、絶対気を付けようと周りを板で囲って行いました。

食べ進んで出てきた子猫。ちいくんは怖がることなく私の腕の中に捕まえられてキャリーに移動。(車の中は走る猫保護カーとなっています(^O^))


以後ずっと我が家で暮らしてきたちいくんのお別れの時がやってきました。
糖尿病にケトアシドーシスを発症し、脳障害を併発。
10分おきのけいれん発作は苦しそうで胸がかきむしられる思いで息子と見守りました。



(元気な頃のちい)

前夜の脈からそろそろ・・・と感じていました。
せめて次男がいるときになんて都合のいいことを考えましたが、泊まりの出張に行く今朝、次男がたくさん話しかけて出勤。覚悟はできていたのかどうか…。

私も今日は監督に指示があったりで、しばらく抱っこして出勤しました。
私が帰ってくるお昼まで待っててなんて言えません。
こちらの都合にちいの旅だつ時間を合わせることこそがエゴそのもの。





昼に帰った時にはかなり膠着が進んでいたので、私が出てすぐに息を引き取ったのかもしれません。


たくさん頑張ったちいくん。今は楽になっているよね?
天井の方にいるの?  こちらを見ている?



(闘病中のちい、入院前)



泣きべその私を見ているのかな?
見送れなくてごめんね。
あんなに一緒にずっといたのに。タイミング悪いよね。

もしかしてわざと?

ちいくんなりに気を利かせてみんなが出勤したタイミングを見計らったの?






にいのうえでこんなに心を許して甘えることも出来なくなってしまったね。

大切な猫友さんの愛猫さんも先日亡くなったばかりです。

ずっと食べられなくて苦しんでいたようなので、猫友さんは少しほっとされたとおっしゃっています。
そして私も今同じ気持ちでいます。

エゴかもしれませんが、あの苦しむ姿を見ることは本当にこちらも辛いのです。






重い気持ちで午後2件お客さんの所を廻り帰社しようとすると、停車している車の反対側に猫が死んでいました。
小さい白いものも。


すぐに車をとめて駆けつけました。

ひどい出血の麦わらの猫さん。おっぱいがはって子猫がいるようです。
そして傍らには小さな真っ白い子猫が息絶え絶え。

そこにいる女性によるとお母さんが先に道路を横切り、後から白い子猫が走り
お母さんが子猫のところに戻って2匹一緒に轢かれてしまいました。


道路から歩道に動かしました。
まだ数分も立っていないのであたたかい身体は柔らかく、一層悲しみがこみ上げます。

小さな子猫は生後1ヶ月程度、一生懸命お母さん猫に守られてひっそりと生きてきたのですね。
蚤だらけの体がさらにこの子がどういう状況で懸命に生きてきたのかを想像させます。
ほかに子猫はいないのか、心配なのでこれから探してきます。


轢いてしまった方が病院に行って診てもらいたいということで、1時過ぎても診てくれる病院に連絡を取って場所をお教えしました。


ちいと出会う前のあの道路を横切った小さな白い猫とお母さん猫の横にいるあの子が重なって見えてしまいました。



偶然通ったこの道での出来事、ちいくんが私を呼んだのでしょうか。



先ほど女性から電話がありました。
お母さんは内臓破裂で子猫は頭がい骨骨折。
体をきれいにしてもらって親子一緒に箱に入りリボンも付けてもらったそうです。

そして動物が大好きだとういうこの方は霊園で荼毘に付されたそうです。

多分普通なら轢いた人はそのまま走り去るのでしょうが、この方は最後まで丁寧にこの親子猫に向き合ってくださいました。
せめてそれくらいしてあげたい・・・こんな形で出会ってしまったけれど生きていたら迎えられたのにとおっしゃっておられました。


一日に3匹の猫の「死」と出会ったことは初めてです。

これはきっと足踏み状態で動けなかったあの川向こうの母子猫を早くなんとかしなさいねという
猫神様からの催促だったのかもしれません。


これから先ほどの現場に子猫たちがいないかどうか、川向こうのエサやりさんに捕獲日の連絡と協力をお願いしてきます。



どうかここの母子は事故に遭わず無事に捕獲できますように。
みなさんも見守ってください。



追記  先日の母子猫保護ののOさんが捕獲や病院への搬送を手伝ってくださることになりました。
平日仕事で動けないので本当に助かります。


ランキングに参加しています。下の猫の写真をクリックお願いいたします。






にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村


ありがとうございます!
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ちいくん、にゃおこさん、にゃお子さんご家族、闘病本当におつかれさまでした。

ちいくんの姿が見えないお部屋はポッカリ穴が空いたようで寂しいことと思います。

でも、ちいくんは、大好きな家族と一緒に一生を全うして、また幸せな場所から、にゃおこさん、にゃおこさんご家族を見てると思います。

この世での時間が短くても長くても、その子なりに生き抜いた一生だったと信じたいです。


Posted by チャイ&ララママ 2016.07.12 Tue 15:56 編集
チャイ&ララママさん、ありがとうございます
出張先から息子が半休を取り帰宅してちいとお別れを済まし、昼休みに火葬手続きをしてきました。

今はみんなと一緒にお空の上から見守ってくれていると思います。
Posted by にゃおこ 2016.07.12 Tue 19:02 編集
無題
ちいくん、荼毘に付す前に息子さんと会うことが出来たのですね。
いのちが尽きるまでの時間は精神的にも体力的にも
とても辛かったこととお察しいたします。
猫とともに暮らす日々は癒しと喜びに満ちた至福の時間ではありますが
看取りと言う辛く苦しい役目も果たさなくてはなりません。
人一倍愛情深いにゃおこさまですからどれほどお辛かったか
察するに余りありますが。。。
ちいくんは住み慣れた場所で大好きなひとたちに看取られたのですから
思い残すことなく安らかに逝けたことと思います。
ちいくん、にゃおこさま、次男さま、
本当にお疲れさまでした。
しばらくは悲しくて寂しい気持ちが抜けないと思いますが
しっかりと休息と栄養をとってすこしずつ元気を取り戻してくださいね。
そしてちいくんのご冥福を心よりお祈り致します。

ちいくんって呼び名は愛称だったのですね。
我が家の亡き先代チッチも本名は菊千代でした。
だけどチビ猫だったからチビにゃん→チッチチビにゃん→チッチと
呼び名が変わってしまいました。
結局菊千代なんて呼ぶことはなかったのですが
常連のように通っていた病院のカルテは菊千代で作成、
先生方にも最後までそう呼ばれていました(汗)
ちいくんって名前も音がいいですが、
こぶりちゃんって名前も珍しくてかわいいですね。




Posted by ラグのお母さん 2016.07.13 Wed 08:54 編集
ラグ君のお母さん、ありがとうございます
「看取り」は辛くて悲しくてやりきれませんが、それまでのその子との歳月の総決算、たくさんもらった楽しく癒された時間のお返しと考えなくてはいけないのかもしれませんね。

「ありがとう、楽しかったね。先に行っててね、お母さんも行くからね。それまでじゃあね」と言って見送るのが理想です。
(そこまでできた人間ではありませんが)

チッチくんは菊千代くんというお名前だったのですね。
赤塚さんの子と同じなんですね(笑)
Posted by にゃおこ 2016.07.13 Wed 19:00 編集
無題
私の知っている人で、最後はわざと猫に
離れていたという人がいました。飼い主がいる
近くにいると頑張ってしまうから。。。。
きっとちぃ君、苦しみから解放されて無理に
頑張らずに逝けたのだと思います。
交通事故で亡くなった親子猫さんたちの
小さな命も一緒にご冥福をお祈り致します。
親子猫さん・・そうですね、呼ばれたのかも
しれません。そういう不思議ありますね。
どうか体休めて下さいませ。

こちらは仔猫は全部ご縁をもてましたが、
成猫がマンソンで治療中。中々落ちません><)
又落ち着いて来たら預かりも可能になると
思います。
Posted by にゃんたま 2016.07.14 Thu 11:06 編集
にゃんたまさん、ありがとうございます
にゃんたまさんのところの子猫はみんな里親さんが決まったのですね。
素晴らしいです。

こちらは9匹いますが(預りさんに2匹)日曜に1匹お見合い予定で後は声がかかりません。

明日のてづくり市で譲渡会も午後から行うので、いいご縁を期待したいです。
Posted by にゃおこ 2016.07.15 Fri 14:57 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
13
20 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ネコジルシ猫の里親募集のページ" target="_top">ネコジルシ
いつでも里親募集中" target="_top">いつでも里親募集中
キャットフード" target="_top">amazon
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最新CM
[06/23 にゃおこ]
[06/23 にゃおこ]
[06/23 Q太郎]
[06/23 4猫の母さん]
[06/22 にゃおこ]
最新TB
プロフィール
HN:
にゃおこ
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
猫もの収集、羊毛フェルトで猫制作
自己紹介:
「みんにゃの家」代表

捨てられたり、野良の子として生まれ危ない環境にいたり、事故に遭って弱っていたり・・・そんな子達を保護しています。

里親様とのご縁をつなげる活動や、ママ猫のTNR,活動資金調達のためのてづくり市の開催など行っています。

将来的には一人暮らしをされている方と猫が安心して暮らせる場所を作りたいと考えています。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
コガネモチ
フリーエリア
フリーエリア