行き場のなかったたくさんの猫たちとの生活や、保護した猫のことなど猫まみれな毎日を綴っています。 みんなが幸せになりますように!!
自宅で糖尿病のちいくんにインシュリンを投与して5日目。
インシュリンがきちんと投与できているか、食べた食事の量に合っているかを
調べて血糖値の推移がどうなっているのかを調べるために朝一で病院に行きました。






そして夜にちい君のお迎えついでに、相変わらず鼻や目の下が黒くなっているエヴァを診察してもらいに病院に行きました。


バイパスを使って30分かかる距離です。
エヴァはキャリーに入れられると「殺される~~!!!!!!」的な命がけの
あり得ないほどのボリュームの声で、病院に着くまでの間ずっと叫び続けました。

にゃおにゃお程度なら我慢できます。
もう天と地がひっくり返るくらいのあの大声。

さすがに参りました。






本人も疲れたらしく帰りの鳴き声は控えめでした。


この顔の黒いの






電気を消して特殊な照明を当てると蛍光色の緑に光ります。
糸状菌だそうで飲み薬と塗り薬で引き続き治療となりました。






しっかり食べてふっくらとしてかわいらしくなりました。
これが治れば里子として卒業できるのですが…。

気立てもよく、顔に薬を塗るのもおとなしくさせてくれます。

あの車中の絶叫を除けば本当にいい子なんですよ!!








ランキングに参加しています。下の猫バナーをクリックお願いいたします。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村


ありがとうございます!
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ちいくん、血糖値のコントロールはうまくいってましたか?

エバちゃんは病院が嫌いなんですね。
うちのお嬢たちも病院に連れて行く時はかなり大声で叫びます。
マンションの敷地内で「殺される!」と言わんばかりに叫ばれると
住人の方々にじろじろ見られるので気まずくてかなり焦ります。
別の見方をすれば、それだけのストレスを受けるので
余程の時でないと連れていかないほうがいいんだな。。。と
思っています。
さておき、真菌は長引きますよね。
あっちゃんもシェルターに足を運んで受け入れを決めて帰ろうとした瞬間、
おハゲを見つけてしまいまして。。。
その場で保護主さんと相談して、治療を済ませてからお届けとなったんですが、
結局完全には治らない状態で迎え入れることになりました。
環境が変わるとしばらくは体調も安定しないので
治るまでちょっと時間はかかりましたが、
今ではもうすっかり良くなっています。
エバちゃんも早く良くなってくれるといいですが。。。
Posted by ラグのお母さん 2016.03.13 Sun 08:09 編集
ラグ君のお母さん、ありがとうございます
ちい君の血糖値ですが昨日はずっと300~400代でした。

インスリンの注射がうまくできていないのか
食事量に見合っていないのか。

ということで今日も病院通いでした。

あっちゃんはどのくらいで完治しましたか?
むっくんも良くなりましたか?
Posted by にゃおこ 2016.03.13 Sun 20:38 編集
無題
こんばんは。
ちいくん心配ですね。
↓を読むと、猫は本来は肉食動物であるのに
出回っているキャットフードは穀物の割合が多く含まれることや、
そもそも猫科の野生動物は長い期間の絶食に耐えうるため、
インスリン抵抗性を身に付けている事などが糖尿病を罹患しやすい
原因となっているのでは、とありますね。
http://catman.moo.jp/diabetes/
ちいくんは今は療法食ですか?
同じ疾患の療法食でも体質に合う合わないがあるようですので
種類を変えていろいろと試してみるのもいいかも知れませんね。。。
ちいくんが体調よく過ごせるように願っています。

真菌ですが、あっちゃんは結構長引きましたね。
環境が変わると体調を崩してしまうので
未治療のまま受け入れして悪化させるよりも
保護主さまの元で治療していただいて
完治してからの引き渡しにしたほうがいいと言うことになったのですが、
思いの外治り切らず、長引き過ぎてひと月くらい経ってしまったでしょうか。。。
その時点で症状は軽くなっていたので思いきって受け入れをして
治療を引き継ぐことになりました。
つい最近まで下痢(時に血便も)が続いてましたし、
真菌の症状も軽かったですが、ひと月くらいはありましたでしょうか。。。
症状が酷い場合は抗真菌シャンプーしたりするみたいですね。
むっくんは二週間くらいで菌の数が劇的に減ったので
その後一週間耳洗浄と点耳を続け、後は様子を見つつ
耳洗浄してました。
今後も免疫力が低下したら症状が出る可能性があると言われています。
むっくんは耳洗浄も定期的にしたほうがいいかもとも言われてるので
耳の中の状態を見てたまに洗浄液入れてます。
今寒い時期なのでひやっとしてびっくりするみたいです。


Posted by ラグのお母さん 2016.03.13 Sun 22:34 編集
無題
こんばんは。
ちいくん心配ですね。
↓を読むと、猫は本来は肉食動物であるのに
出回っているキャットフードは穀物の割合が多く含まれることや、
そもそも猫科の野生動物は長い期間の絶食に耐えうるため、
インスリン抵抗性を身に付けている事などが糖尿病を罹患しやすい
原因となっているのでは、とありますね。
http://catman.moo.jp/diabetes/
ちいくんは今は療法食ですか?
同じ疾患の療法食でも体質に合う合わないがあるようですので
種類を変えていろいろと試してみるのもいいかも知れませんね。。。
ちいくんが体調よく過ごせるように願っています。

真菌ですが、あっちゃんは結構長引きましたね。
環境が変わると体調を崩してしまうので
未治療のまま受け入れして悪化させるよりも
保護主さまの元で治療していただいて
完治してからの引き渡しにしたほうがいいと言うことになったのですが、
思いの外治り切らず、長引き過ぎてひと月くらい経ってしまったでしょうか。。。
その時点で症状は軽くなっていたので思いきって受け入れをして
治療を引き継ぐことになりました。
つい最近まで下痢(時に血便も)が続いてましたし、
真菌の症状も軽かったですが、ひと月くらいはありましたでしょうか。。。
症状が酷い場合は抗真菌シャンプーしたりするみたいですね。
むっくんは二週間くらいで菌の数が劇的に減ったので
その後一週間耳洗浄と点耳を続け、後は様子を見つつ
耳洗浄してました。
今後も免疫力が低下したら症状が出る可能性があると言われています。
むっくんは耳洗浄も定期的にしたほうがいいかもとも言われてるので
耳の中の状態を見てたまに洗浄液入れてます。
今は寒い時期なのでひやっとしてびっくりするみたいです。
Posted by ラグのお母さん 2016.03.13 Sun 22:50 編集
無題
すみません、二重投稿してしまいました。
Posted by ラグのお母さん 2016.03.13 Sun 22:53 編集
ラグ君のお母さん、ありがとうございます
いつもいろいろ情報をくださってありがとうございます。

ちいくんの糖尿病ですがまずインスリンの注射がきちんとできていなかったようです。
捕液の針よりもうんと細いのですが、慣れていないので刺し方が甘かったようです。

5匹が一緒の食事処なので食べ訳が難しいのも苦慮しています。

WD、MDを食べさせていますが、気に入らないとぷいとそっぽを向いてしまいます。

パウチを毎度変えてあげているのですが、もう食べてくれればなんでもいい状態です。


Posted by にゃおこ 2016.03.14 Mon 19:49 編集
無題
ヒルズの療法食は猫さんにあまり好まれないようですね。
成分を見ると脂肪分も少ないですし、炭水化物もほぼないですからね。。。
糖尿もちで亡くなった、なんでも食いの先代チッチも
療法食は好きではなかったです。
日常的な血糖値のコントロールを考えると、
やっぱりドライフードを食べてくれるのがいいですよね。
前に貼り付けたサイトにもヒルズやカナンの療法食を好まず
食べてくれない場合の事が書かれていますが、
ドイツのアニモンダの糖コントロール、
もしくは総合栄養食の中でたんぱく質が多く血糖値の上昇が緩やかなもの
が推奨されていますね。
アニモンダはうちのにゃんずも常食のひとつにしてますが
比較的嗜好性も高いですし、素材も申し分ないと思います。
ただ、糖コントロールは与えたことがないのでわかりませんが。。。
同じ処方食ラインのPHコントロール、センシティブ、
胃腸ケア、腎臓ケアはよく食べてました。
他はイタリアのフォルツァと言うメーカーからも処方食ラインが出ていますが
こちらはアニモンダより食いつきはいまひとつでした。
後は猫本来の食性をもとにたんぱく質メインで作られている
カナガン(完全穀物フリーです)、finepets、オリジン、アカナなどもいいのでは。
これらは炭水化物が少ない分血糖値の上昇が緩やかなのも売りのひとつみたいですが、
脂肪分も多いので与える場合は獣医さんに相談してからのほうがいいいかも知れません。
問題としては、カナガン、finepetsは独特の専売プログラムを展開しているので
入手方法がややこしいこと、
どのフードも添加物を使用していないので保存に気を使うこと、
価格がお高めなことが挙げられます。
そして、オリジン、アカナはサンプルがセットで売っていて
それを与えたら良く食べたので思いきって大袋を購入した途端
拒否られた苦い記憶もあります。
この中で比較的安定して食べてくれた実績があるのはfinepetsだったように思います。
私は先代チッチの病気のコントロールをうまく出来なかった後悔がありますので
ちいくんには何とか病気とうまくつきあっていける手段を見つけて
欲しいと思います。


Posted by ラグのお母さん 2016.03.14 Mon 23:05 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
6 8 9 11
13 14 16
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
ネコジルシ猫の里親募集のページ" target="_top">ネコジルシ
いつでも里親募集中" target="_top">いつでも里親募集中
キャットフード" target="_top">amazon
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最新TB
プロフィール
HN:
にゃおこ
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
猫もの収集、羊毛フェルトで猫制作
自己紹介:
「みんにゃの家」代表

捨てられたり、野良の子として生まれ危ない環境にいたり、事故に遭って弱っていたり・・・そんな子達を保護しています。

里親様とのご縁をつなげる活動や、ママ猫のTNR,活動資金調達のためのてづくり市の開催など行っています。

将来的には一人暮らしをされている方と猫が安心して暮らせる場所を作りたいと考えています。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
コガネモチ
フリーエリア
フリーエリア