行き場のなかったたくさんの猫たちとの生活や、保護した猫のことなど猫まみれな毎日を綴っています。 みんなが幸せになりますように!!
手づくり市の日でしたが、朝だけ顔を出して阿佐ヶ谷の講演会会場へ行ってきました。

前半は「高齢者が安心してペットと暮らせる社会へ」の講演。
上級愛玩動物飼養管理士でもありケアマネさんでもある倉田美幸さんの、高齢の方の現場に
携わっておられる実体験の貴重なお話が聞けました。

後半は川崎市の生活衛生課の職員さんのお話。獣医師でもあり動物が大好きな西村大樹さんの「地域で見守る高齢者とペット」というテーマでのお話でした。

縦割りでの行政独特のやり方でなく、高齢者の課もペットの課も、地域を巻き込んで
深刻な事態になる前に連携して取り組んでいくことの必要性を痛感しました。


壁には





動物愛護かるたや








殺処分のこと、






不妊手術をすることの重要さをわかりやすくしたパネルもありました。


ミグノンさんのグッズを販売していました。







手づくり市に出すのに参考になるかなと一つ購入しました。






ごんは目の色変えて夢中になっていました。







なるも可愛らしくじゃれていました。



今回の講演会で「ペット<家族>」という考え方が行政にも浸透していることと、超高齢化に伴い
高齢の方のペット問題の深刻化が増してきて、本腰を入れて今から対策しないといけないという
危機感も感じました。

高齢者が飼えなくなったペットを「預かり」という形でペットを飼いたいと思う高齢者に託す。
命のリレーをするためにどうしたらいいのか。


色々な方のご意見を伺いながら進めていきたいと思います。







ランキングに参加しています。下の猫バナーにクリックをお願いします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村


ありがとうございます!
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんにちは。
とても興味深い講演会のテーマですね。こういった事、一歩踏み込まないと知ることのできない現実ですね。手術の必要性や殺処分のこと…命の大切さを学校の授業で教えたり、多くの人の目に留まる場所にパネルを貼ることはできないものなのでしょうか(>_<)
広告ひとつ減らせば貼れるのでは?などと思ってしまいます(^_^;)

既にご存知かもしれませんが、先日ある番組で「さくらの里山科」という犬や猫と暮らせる高齢者施設の特集をしていました。猫が生活に寄り添う風景に心が温まりました。

私は今回初めて施設の存在を知ったのですが、調べるとペット可の施設が全国に所々あるのですね。
このような施設が今後増えていくことを願わずにいられません。

http://sippolife.jp/article/2016021600006.html
Posted by おはぎ 2016.02.24 Wed 14:14 編集
おはぎさん、ありがとうございます!
「さくらの里 山科」さんは以前から見学に行きたかったところです。
ここは何と特養なんですよ!

座間にも犬猫と暮らせるサ付住宅が出来ました。

もっと増えてあたりまえに一緒に暮らせるようになるといいですね。

見学して来たらブログにて紹介しますね!
Posted by にゃおこ 2016.02.24 Wed 18:50 編集
無題
山科さんは特養なのですね(°Д°)
有料老人ホームよりも良心的な費用で、こんなに素敵な場所があるなんて驚きです。いろいろ学ぶことも多そうで、私も気になります。座間にもできたというお話しですので、これからどんどん拡大してほしいですね。少しでも多くの猫や人が淋しい思いをすることなく過ごせたらいいなぁ…
見学後のブログも楽しみにしていますね(^人^)
Posted by おはぎ 2016.02.29 Mon 09:23 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
10
21
24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ネコジルシ猫の里親募集のページ" target="_top">ネコジルシ
いつでも里親募集中" target="_top">いつでも里親募集中
キャットフード" target="_top">amazon
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最新CM
[07/24 よしほ]
[07/24 よしほ]
[07/23 にゃおこ]
[07/22 4猫の母さん]
[07/22 にゃおこ]
最新TB
プロフィール
HN:
にゃおこ
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
猫もの収集、羊毛フェルトで猫制作
自己紹介:
「みんにゃの家」代表

捨てられたり、野良の子として生まれ危ない環境にいたり、事故に遭って弱っていたり・・・そんな子達を保護しています。

里親様とのご縁をつなげる活動や、ママ猫のTNR,活動資金調達のためのてづくり市の開催など行っています。

将来的には一人暮らしをされている方と猫が安心して暮らせる場所を作りたいと考えています。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
コガネモチ
フリーエリア
フリーエリア