行き場のなかったたくさんの猫たちとの生活や、保護した猫のことなど猫まみれな毎日を綴っています。 みんなが幸せになりますように!!
連休2日目の4月30日の午後、息子を散歩に誘った。

公園コースと川原コースのうち息子は川原コースを選び、気の向くままに
車では通ることのない道を選んで散歩していた。

川原に着き、帰りの道はどこを通ろうかと話しながら橋の袂を回りかなりの距離を歩き
いくつもの道を選びながら進んだ。

そして金属音のような不思議な音に出会った。

新築現場から聞こえるその音は、大工さんの作業にともなう音にしてはおかしい。
走り出す息子。

「あっ・・・」

やっぱりそうか。

釘の入っていた段ボール箱の中に雑巾がしかれ、小さな小さなへその緒の付いた生まれたばかりと思われる赤ちゃん猫が3匹、全力で母猫を呼び泣き叫んでいた。

雲行きが怪しくなりぽつりぽつりと雨しずくが落ちてきて、迷うことなくダンボールを抱えて
帰路を急いだ。

何度も経験したことだが、こういう出会いって本当に不思議だ。
気まぐれで歩いていてもなぜか引き寄せられるかのように出会ってしまう。


わが家には幸い食欲が落ちてやせ細ってしまった富士男のために開けた猫用ミルクがあるし、こんな時のために哺乳瓶も数本ある。これって神様からのミッション?

6年前に目も開いていなかったかいを拾って育てたが、あのときのかいは110gだった。
それに比べてこの子達は明らかに小さく消え入りそうなほどだ。

哺乳類だから猫にだっておへそはあるのはわかっていたが、へその緒がわかりやすく付いていたのを見るのは初めて。
この子達のお母さんはいったいどうしてしまったのだろうか。

飼い主によって子供を取り上げられ挙句捨てられたのだろうか。

でも釘の箱ってどうして? 大工さんが連れてきて捨てた?




この子は一番小さくて50gしかなかった。




猫は標準で100gぐらいで生まれるそうなのでこの子は超未熟児になる。
手足の毛も生えてなくて、胎児のようにも見える。



この子は一番大きいがそれでも80g。




この子は75g。


30日からはじまった子育ても5月2日に一番小さかった子が虹の橋を渡り、5日に一番大きかった子が、そして6日に私の役目は終わってしまった。

3時間おきの授乳と排泄、最期の夜は徹夜して看病した。

力つきてしまいむなしさと悲しみとやるせない気持ちが残り、顔はぐしゅぐしゅになってしまった。



今日思い切ってあの子達のいた現場を訪ね、大工さんと話をしてみた。


4月30日の朝、どこからか新築工事中の現場の中に入ってきた猫が子猫を4匹産み落とし
気付いた大工さんが追い払おうとしたところ、1匹くわえて母猫が逃げ去り、大工さんが残る3匹の子猫たちをダンボールに入れて外に出した。

ところが母猫はそれから現れることなく、私たち親子が子猫を保護してしまった。
そういうことらしい。

あのまま保護しなかったら母猫は子猫たちを迎えに来ただろうか。


母猫は小柄な白にぶちの入った猫で、野良らしく全くなつく様子もなかったらしい。


もしかしたらまだ幼い母猫で、初産でどうしていいかわからずそんなところで産んでしまったのではないだろうか。
だとしたら連れて行った子猫共々に、安心していられる場所はあるのだろうか。

子猫を連れて途方にくれていたのではないだろうか。


私がしたことは良かったのだろうか。
結局育てられずに死なせてしまったことを母猫にどう詫びればいいのだろうか。

現場付近をうろついているということなので、捕獲して親子を保護したいと思っている。

それがせめてもの罪滅ぼしになるかもしれない。



この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
辛いGWでしたネ。。。

お互いに… 出会ってしまうンですョね。。。
何かに導かれるように。。。

幸いにも 今 我が家で保護している子たちは
生後一ヶ月の最近まで お母さんと一緒に居られたから
元気で丸々としていますが
まだ100グラムにも満たない子猫は
人の手だけで育てるのは難しいんですかネ?
やっぱりお母さんの母乳と温もりが不可欠なんでしょうね。
私も何度か へその緒の付いた子を助けたいと頑張りましたが
やはり お母さん猫の代わりにはなれず
無念にも 見送るだけしか出来ませんでした。
野良母さん達って 本当に偉大です!!

お母さん猫と 助かったかもしれない仔猫と出会えるといいですネ。。。

それにしても・・・釘の入った箱って・・・
冷たくて痛かっただろうに。。。

にゃおこさんの優しさに心から感謝します。
Posted by Tatsuki URL 2012.05.10 Thu 15:42 編集
無題
ほんとうに辛い思いをしましたねぇ。
お疲れさまでした。
でも、にゃおこさんの行動は誰にも出来ないし立派です(^^)
罪悪感を持つ必要は全くないですよ。

事情は猫語が話せればお母さん猫に話せるけど仕方ない(^^ゞ

大工さんも対処に困ったんだと思います。
猫好きさんだったり大工さんの知り合いに猫を飼っている人がいればまた、違ってたかも。

それよりも仔猫ちゃんとお母さん猫が元気に生きてくれればそれで良いのです!
Posted by torazo 2012.05.15 Tue 14:36 編集
無題
tatsukiさん、子猫たちは釘の空きダンボールに入っていました。
釘はなかったのです。
使い古しのひからびた雑巾が敷いてありましたが、そのまま子猫を置くにはかわいそうだと大工さんのせめてものやさしさだったと思います。

早産だったのかみな小さくて育てられないのが残念でした。
Posted by にゃおこ 2012.05.15 Tue 16:53 編集
無題
torazoさん、そうですね。
親子が生き抜いてくれることを願っています。

あれから毎日夜現場に行っていますが、結構猫出没度が高くて、どれがお母さんかわかりません。
Posted by にゃおこ 2012.05.15 Tue 16:55 編集
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
5
8
20
25 26
29 31
リンク
ネコジルシ猫の里親募集のページ" target="_top">ネコジルシ
いつでも里親募集中" target="_top">いつでも里親募集中
キャットフード" target="_top">amazon
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
にゃおこ
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
猫もの収集、羊毛フェルトで猫制作
自己紹介:
「みんにゃの家」代表

捨てられたり、野良の子として生まれ危ない環境にいたり、事故に遭って弱っていたり・・・そんな子達を保護しています。

里親様とのご縁をつなげる活動や、ママ猫のTNR,活動資金調達のためのてづくり市の開催など行っています。

将来的には一人暮らしをされている方と猫が安心して暮らせる場所を作りたいと考えています。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
コガネモチ
フリーエリア
フリーエリア