行き場のなかったたくさんの猫たちとの生活や、保護した猫のことなど猫まみれな毎日を綴っています。 みんなが幸せになりますように!!
猫写真の整理をしました。

なにせ16匹の猫がいて、見送った子達もたくさんいて
パソコンは2代目ですが、もう猫の写真だらけ。

傑作や懐かしいものや、見ていて時間はあっという間に過ぎていきます。
年の瀬にこんなことしている場合ではないのですが・・・。

我が家ではいろいろな猫たちと出会い暮らしています。
その中でも最年少は、生後2,3日でお寺の前に捨てられた「かい」です。

平成16年9月19日、午後6時近くに保護したかいは
何の赤ちゃん? というくらい余りにも小さかった。

早朝に捨てられているのを見かけた人がいるので、10時間以上も
放置されていた。
私がそのことを聞いて駆けつけたときには、一緒にいたもう一匹はもう姿はなく、かいは足音に反応して泣き叫んでいた。



この写真は保護後何日か後のもの。
正直とても写真を撮る余裕はなく、一日7回の授乳と排泄補助、まるで
ミルクを受け付けず不安定な子猫に困り果てていました。



でもももという素晴らしい保父にゃんこの助けもあって
なんとか保育にも成功しすくすくと育てることができました。



みんなの愛情を一心に集め体重の増加に一喜一憂しながらも
かいは子猫の可愛らしさを存分に発揮していました。



で、これが今のかいです。



育ててくれたももとは同じ大きさになった今でもこんな関係なんです。
きっとかいにとってももは大切なパパなんでしょうね。

年賀状の準備は皆さんもうお済ですか?

切羽つまらないとなかなか手を付けない私メですが
今日はとりあえず使えそうな写真選びからはじめてみました。

テーマは「笑い」
笑 門 来 福   この文字と「クスッ」と笑える猫の写真を
組み合わせようかと・・・。

これだけの猫がいれば写真もたくさんあります。
なあんだか見ているだけで時間があっという間にたちます。

昨日は愛玩動物飼養管理士の試験で横浜まで行って
週一回の休みの日がつぶれてしまい、なんだかあわただしい週の初めの月曜日。

こんなことやっている場合ではないのですが、今日は会社はだあれも出社してこないのでちょっと私的に時間を使わせてもらいました。



それにしても平和に寝ている猫たちの寝顔や寝姿ってどうしてこうかわゆいのだか。



こんな感じで笑える写真を・・・



このおばかな寝顔も笑える?



かわいいなあ、たまらないなあ



親ばかですみません。

さてその年賀状ですが大体雛形は出来ました。
欲張りな私は3種類の写真を使って3パターンの年賀状を作りました。

帰って家族投票をして一番いいのに決めたいと思います。


息子の部屋とLDK、玄関、階段を自由に行き来できる組の6匹の猫たち。

決して仲の良い6匹ではないけれど、気温が5度を下回れば
昼には陽だまりの布団でこんな猫団子ができています。





「別に好き好んで一緒にいるわけじゃあないのよ。寒いだけよ!」とあんこちゃん。この組の中では11歳と一番年上の姉御です。






「そうさ、あったかいところがあればおいら一人がいいのにさ」
家出常習犯のとわはこう寒くては室内で我慢我慢。





一番窓よりで何となく距離があるのは、自称「警察官」のちいくん。
煙たく思う人は多いのですが、この寒さで私情はいりませんね。

ふとっちょのももは食いしん坊で誰とでも仲良し。

大あくびのごんちゃんは博愛主義でちいくんの唯一の仲良しです。

こうして寝てるのも結構疲れるんだよ」  ってうらやましいなあ・・・。





マイペースの「かい王子」は寝方までキュートだわ。


毎晩この団子にまみれて寒い思いで寝ている息子(あ、人間です)のために1畳のホットカーペットを買ってきました。

これで半分でもこっちで寝てくれれば、息子の安眠はできそうかなと思いまして。


「お母さん、猫たちはぬくもりを求めて俺の布団に来るんじゃないよ。
わかる?俺が好きだからだよ!」  だって!

へっへっへっ、そうかあ~?  勘違いじゃない?


で、ホットカーペット  VS  愛しのお兄さん、どっちで眠りたいか
対決、その結果は・・・・・・・

「寝ているから良く覚えていない。目覚めると誰も布団に居ない」そうです。


あはははは
山奥の市営住宅に置き去りにされた小太郎は、引越しで姉妹を失い(これまた置き去り)、虐待にあって九死に一生を得てたくましく生きていた。

置き去りにされたところからわが家に連れてくるまで、半年間通い詰め
最初は警戒して屋根から降りてきてもくれなかったのに、段々心を許してくれてこうして家族になれた。

完全外生活のこの子は、マーキングして縄張りを先住猫と争う。

なのでLDKの窓に増築をして彼の場所を作った。


こうして窓を開けるとすぐに小太郎の場所。






で、ここの窓を開けるとラティスで囲まれたささやかや野外スペースになる。





どんなに寒くてもやっぱり外の空気がいいのか、晴れた日はこうして
温室のガラス越しの陽を浴びお昼寝。

窮屈なスペースしかないけど、自由気ままに暮らしている様子。
もう1年半もこうしているんだものね。

これで幸せかいって聞いてみたい気がします。
さて、答えは何なんだか・・・。



おっかちゃんと夜は一緒の布団で寝ていました。

おっかちゃんは前の年の3月に、飼い主が飼っていた猫匹を保健所に
連れてきた子のうちの1匹です。

まとめて愛護団体の方が7匹を保健所から出して急遽預りさんを探していて我が家に来ました。
保健所から病院に直行し、避妊手術やワクチン接種、のみとりや駆虫などしました。



最初毛はばさばさしていて痩せこけており、情緒不安定でひどい状態でした。

この写真は保護から1年後でだいぶ落ち着いてきた頃です。




毛足が長いのでほかの6匹は里親さんが直ぐに決まりましたが
この子は顔が黒くて声がでかいうえにダミ声で、なかなか決まらず
我が家の子にするようかなと思い始めていました。




童話の「みにくいアヒルの子」のように、おっかちゃんは毛がフサフサしてきてやわらいもっこりの体つきになり、性格も穏やかになってきました。


寂しがり屋で、昼間は私は仕事で留守ですし帰ってからもたくさんの犬猫の世話で夜寝るときしか一緒にいられません。

なので私が布団に入るとすぐに追いかけてきて、腕枕でごろごろ喉を鳴らして幸せな時を過ごしました。


幸い今年2月に里親さんが決まり、我が家を卒業していきましたが
時々あの時の幸せな感覚を思い出し元気にしているかと気になります。


里親さん宅では先住の猫2匹と、なんとか波風をたてずに暮らしているそうです。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
4
19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
ネコジルシ猫の里親募集のページ" target="_top">ネコジルシ
いつでも里親募集中" target="_top">いつでも里親募集中
キャットフード" target="_top">amazon
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最新TB
プロフィール
HN:
にゃおこ
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
猫もの収集、羊毛フェルトで猫制作
自己紹介:
「みんにゃの家」代表

捨てられたり、野良の子として生まれ危ない環境にいたり、事故に遭って弱っていたり・・・そんな子達を保護しています。

里親様とのご縁をつなげる活動や、ママ猫のTNR,活動資金調達のためのてづくり市の開催など行っています。

将来的には一人暮らしをされている方と猫が安心して暮らせる場所を作りたいと考えています。


ご支援のお願い

保護猫、TNR費用として遣わせていただきます。
ゆうちょ銀行 記号10230 番号4138811
みんにゃの家

他行からの場合
ゼロニハチ 店番028 普通預金0413881
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
コガネモチ
フリーエリア
フリーエリア