行き場のなかったたくさんの猫たちとの生活や、保護した猫のことなど猫まみれな毎日を綴っています。 みんなが幸せになりますように!!
飼い主死亡でセンターに収容された11歳のえべくん。

ようやく我が家に来たものの、引きこもりの生きる気のない、首輪のあとが悲しげな子でした。

きっと飼い主さんにうんと大切にされていたのだと思います。
柔らかな被毛と愛くるしいお顔。

突然の悲しい別れと知らいないところへ連れてこられた恐怖はいかほどだったのか。
他の猫なんて見たこともなく、でもそこは「死」と隣り合わせの悲しい空間だったのです。

収容される猫の数がいっぱいになると、年齢や適応性で判断されそこから連れていかれ二度と戻っては来ません。

子猫6匹の保護であたふたしておりあっという間に1ヶ月が経ってしまい、ようやくえべくんを迎えられました。

衰弱死さえありえそうなくらい、すべてを拒んでいたえべくん。


私に出来ることはケージに入れて補液することくらい。

新しい水色の首輪をつけて、ほかの猫と出くわさないように壁に棚板をつけてねこみちを作る。
美味しそうなご飯を見つけて買ってくる。
お刺身やささみの蒸したものを食べさせる。

時間の許す限りそばにいて話しかけ、なで繰り回す。


カリカリを手の平からしか食べませんってかかりつけの先生に相談したら、自分の出来ることだけやればいいのでは?
手を抜いても手抜かりはないように・・・と先生の大先生の教えを教えていただきました。


その意味を噛み締めていたらいつの間にかえべくんは普通にご飯を食べおねだりもするようになっていました。



ここで君の第二の猫生はスタートしました。
飼い主さんの分まで長生きしようね。
よろしくね、えべくん。




棚板をついでに多頭飼育崩壊現場から静岡に保護され、二次崩壊で我が家に来たかーしゃんのエリアにも取り付けました。





冷房のききをよくするために壁もぶち抜き、おとなりさんも覗いていますね。

ほら、ここにスノーくんが・・・。





体が一つしかないのですが(当たり前ですね)、同時に2部屋の猫たちに効率的に接しられてこの壁のブチ抜きは案外いいかもです。
仕事柄木造建築はお手の物。
自宅だからできる「猫仕様」かもしれません。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
飼い主さんが先立ってしまうと残された猫ちゃんのショックははかりしれないんですね。
Posted by 福かんなママ 2013.08.06 Tue 16:18 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
13
20 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ネコジルシ猫の里親募集のページ" target="_top">ネコジルシ
いつでも里親募集中" target="_top">いつでも里親募集中
キャットフード" target="_top">amazon
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最新CM
[06/24 4猫の母さん]
[06/23 にゃおこ]
[06/23 にゃおこ]
[06/23 Q太郎]
[06/23 4猫の母さん]
最新TB
プロフィール
HN:
にゃおこ
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
猫もの収集、羊毛フェルトで猫制作
自己紹介:
「みんにゃの家」代表

捨てられたり、野良の子として生まれ危ない環境にいたり、事故に遭って弱っていたり・・・そんな子達を保護しています。

里親様とのご縁をつなげる活動や、ママ猫のTNR,活動資金調達のためのてづくり市の開催など行っています。

将来的には一人暮らしをされている方と猫が安心して暮らせる場所を作りたいと考えています。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
コガネモチ
フリーエリア
フリーエリア